1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. ザ・フォーリナー 復讐者 ジャッキー・チェンが、全編を通してシリアスな演技をした結果

ザ・フォーリナー 復讐者 ジャッキー・チェンが、全編を通してシリアスな演技をした結果

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ザ・フォーリナー 復讐者』(原題The Foreigner)鑑賞しました。

どの映画でも同じようなイメージが先行しがちなジャッキーを、

いつもと異なるシリアスな視点で見られる、またとないチャンス。

 

あらすじ

 

元特殊部隊員のクァン・ノク・ミンは、現在はロンドンでレストランのオーナーとしてつつましく暮らしていた。ところがある日、高校生の愛娘が政治的な無差別テロに巻き込まれ、命を落としてしまう。静かな怒りに燃えるクァンは、犯人を探すうちに北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシーの存在にたどり着き、復讐を開始するが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

テロリストに娘を殺された父親が犯人を追い詰める

何番にも煎じたようなストーリーだが、

ジャッキー・チェンが全編シリアスで演じていることに

新鮮味を感じることができる。

 

白髪まじり、初老の風体のジャッキー。

 

捜査が一向に進まず、

泣き寝入りを余儀なくされそうな状況に

業を煮やし、自ら立ち上がる。

 

最初は取り合わなかった犯人グループが、

ジャッキーに恐れをなしていく様は、痛快。

 

やたら小型爆弾を作るわ、罠をはるわ。

次は何をしてくれるんだと、期待感が止まらない。

 

次第にその素性が明らかになっていくんだが、

ジャッキーの役ドコロの素性など、正直全く頭に入ってこない。

 

だってジャッキーなんだから。

地力が強いに決まっている。

 

どの映画でも強いイメージが先行しがちだが、

シリアス視点で、新鮮なジャッキーを楽しめる映画は、貴重。

 

いつもと違うジャッキーを見たい方は、ぜひ。