フロリダ・プロジェクト 周りの評価と自分の評価は必ずしも一致しない件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

フロリダ・プロジェクト 周りの評価と自分の評価は必ずしも一致しない件 ーゴロゴロ生活ー

 

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(原題:The Florida Project)鑑賞しました。

  

あらすじ

 

定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリーは、フロリダ・ディズニーワールドのすぐ側にあるモーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしの生活を送っている。周囲の大人たちは厳しい現実に苦しんでいたが、ムーニーは同じくモーテルで暮らす子どもたちとともに冒険に満ちた日々を過ごし、管理人ボビーはそんな子どもたちを厳しくも温かく見守っていた。そんなムーニーの日常が、ある出来事をきっかけに大きく変わりはじめる。

 

 

 

感想

 

子供がそのまま大人になったような母親と、

その影響をありありと受けている娘。

世代を通じて貧困は継続し続けているという現実を、

子供の視点でリアルに描いていると評価が高い作品。

 

悲哀を感じさせたり、感動させる映画ではなく、

その状況しか知らない子供が、その生活を楽しんでいる様が

描かれています。

 

しかしながら、この評価とは裏腹に、

当方このあまりにも自己中心的な親子に、

イライラしっぱなし。

 

同じモーテルに、デリで働き生計を立てている友達がいるように

母親も働き口さえ見つければ、生計立てられたんちゃうんかい

とツッコミたくなる。

 

周りの評価の高さが、自分の評価とは比例しないと

改めて思わされた作品。

 

まぁイライラさせられたってことは、役者たちの演技が素晴らしかったとも言える。

 

あなたの評価やいかに。

 

ちなみにこの映画の題名の『プロジェクト』とは、公団住宅、団地って意味。

馴染みのある英単語に、馴染みのない意味。勉強になった。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク