1. TOP
  2. タイトル
  3. ハ行
  4. ファイティング・with・ファイア デッドプールの坊主の娘は、ロングヘアーの方が似合っている件

ファイティング・with・ファイア デッドプールの坊主の娘は、ロングヘアーの方が似合っている件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ファイティング・with・ファイア』(原題:Playing with Fire)鑑賞しました。

ジョンシナ、ジョンレグイザモ、キーガン=マイケル・キー出演。

日本で劇場公開されないのも納得。

 

あらすじ

 

消防士としては優秀だが、生真面目で融通が利かない性格の消防分隊長ジェイク。ある日、山火事の消火中に救助した3人の子どもの両親と連絡が取れず、仕方なく消防署で預かることに。慣れない子守に悪戦苦闘するジェイクだったが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

人として不足していた感情が芽生えさせる。

 

ジョン・シナ演じる消防分隊長ジェイク。

真っ直ぐと言えば聞こえはいいが

人間として何かが欠けている。

 

生真面目が過ぎて融通が利かず、

子供に対しても、その態度は変わらず。

女性の心理にも鈍感。

 

そんな分隊長率いる消防隊が

3人の子供を保護したことにより

その不足していた感情が徐々に変わってくる。

 

子供たちの時間を通して

学び成長するコメディ。

 

そんな隊長が率いる消防隊員たちも

子供がそのまま大人になったような

愉快な面々。

 

無口な強面の巨体が、実は・・・みたいな

お約束もあり。

 

コメディ映画の、テンプレばかりで

何の新鮮味もない。

 

こういう擦りきったコメディが

新たに作るために予算が組まれる程

ハリウッドのコメディ映画の需要は高い。

 

それに対して、日本では未公開。

文化の違いが垣間見える。

 

本作で、良かった点は

デッドプールでネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド役の

ブリアナ・ヒルデブランドが出演しており、

坊主よりも限りなく

ロングヘアーの方が似合っていた事。

 

それだけ。