1. TOP
  2. タイトル
  3. ア行
  4. アップグレード 満足度はsearch以上?!話面白ければキャスト関係ないヤツ再来

アップグレード 満足度はsearch以上?!話面白ければキャスト関係ないヤツ再来

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『アップグレード』(原題:Upgrade)鑑賞しました。

また来てしまった。話がオモシロければ、キャスト知名度関係ないヤツ。

アクションで視覚的にも楽しめるときた。

 

あらすじ

 

近未来、妻と平和な日々を送っていたグレイは、突如現れた謎の組織によって妻を殺され、自身も全身麻痺となってしまうが、巨大企業の科学者によって実験的に埋め込まれたAIチップ「STEM」の力によって麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れる。グレイは脳内で会話する相棒的存在である「STEM」と協力し、最愛の妻を殺害した謎の組織への復讐を誓う。
 

映画.comより引用

 

 


 

感想

 

有名な俳優女優を起用していると、

その人に注目し過ぎちゃったり、

あの人が殺されるわけないからとか

キャスティングから展開を予想してしまうことがある。

 

無名なキャストだとそれができない。

単純にストーリーを楽しむことができる。

 

ただその分話が面白くないと、B級と言われてしまう。

直近だと『search』が成功例。

そして、本作もついで、成功。

 

四肢マヒの人間が、人工知能チップ(STEM:以下ステム)を

埋め込む人体実験にて再生。

妻を殺した犯人を追う。

 

ステムとは対話が可能。次はどうすればいい?みたいに

端から見ると独り言を言ってるみたいに見えるアレ。

 

ん?このシチュエーションどっかで?と思った人。

そう。『ヴェノム』で見たヤツ。

この掛け合いって何で見ても楽しい。

 

実力以上の能力を発揮できるけど、

本人にそのノウハウがないからぎこちなくなる戦闘。

でもそれがリアル。

 

予想しやすいオチだが、そのオチに向けた伏線が

敷かれていて構成をしっかり考えられているのも感心。

 

こんな映画作れる監督ってダレよ?って調べたら

『ソウ』をジェームズ・ワンと作った

リー・ワネルっていうじゃない。

 

なんか納得。

 

上映時間94分と短め。

満足感がハンパない。

 

 

アップグレード [Blu-ray]