1. TOP
  2. タイトル
  3. ラ行
  4. ライオン・キング 監督はアイアイマンの◯◯役?!マルチな才能がエグ過ぎる件

ライオン・キング 監督はアイアイマンの◯◯役?!マルチな才能がエグ過ぎる件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ライオン・キング』(原題:The Lion King)鑑賞しました。

フルCGだからアニメーション?実写?もはや定義がよくわからないほどの

映像を堪能できます。

 

あらすじ

 

アフリカの広大なサバンナで、動物たちの王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバは、いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していく。しかし、ある時、王位を狙う叔父スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナを追われてしまう。やがてたどりついた緑豊かなジャングルで、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンといった新たな仲間との出会いを得たシンバは、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていく。一方、スカーが支配するサバンナは次第に荒れ果て、存続の危機が迫っていた。

 

映画.comより引用

 

 

 

ジョン・ファヴロー監督って?

 

『アイアンマン』、『アイアンマン2』、

『スパイダーマンホームカミング』

そして『スパイダーマン ファーフロムホーム』を

鑑賞した人なら、おなじみトニースタークの運転手ハッピー・ホーガン役の人。

 

3作目以外の『アイアンマン』を同氏が監督をしており、

CG技術はその当時からお墨付きだったわけだ。

 

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2015)では

プロデューサー・監督・脚本・主演を果たし、多才っぷりはえぐい。

 

そしてディズニーの実写映画『ジャングル・ブック』(2016)を監督。

その経験が本作に活かされていることは言うまでもないだろう。

 

キャスト

 

シンバ:ドナルド・グローヴァー/賀来賢人

スカー:キウェテル・イジョフォー/江口洋介

プンバァ:セス・ローゲン/佐藤二朗

ティモン:ビリー・アイクナー/亜生(ミキ)

ナラ:ビヨンセ・ノウルズ=カーター/門山葉子

シンバ(子供時代):JD・マクラリー/熊谷俊輝

ナラ(子供時代):シャハディ・ライト・ジョセフ/小林星蘭

ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ/大和田伸也

ハイエナたちのリーダー的存在であるシェンジ役:沢城みゆき

 

感想

 

王座奪還のコテコテのストーリーだから、

音楽と映像目的鑑賞すべし。

 

声優をなりわいとしない芸能人を

キャスティングして話題作りとする吹替版あるあるが、

依然として否めない映画業界。

 

本作もその気を感じるキャストだが

違和感はなく鑑賞できた。

 

シンバの幼なじみで大親友のナラ役を務める門山葉子は、

ミュージカルや声優として活躍する女優。

 

アニメ業界では知らない人はいないであろう沢城みゆきを起用するなど

押さえるトコ押さえてますって雰囲気が感じ取れる。

 

それでも日本語でのミュージカルとなると

気恥ずかしさは否めないので、

子供と鑑賞しない

またはミュージカルはちょっと苦手な人なら

字幕でよし。

 

そして圧巻の映像。フルCGに感服。

 

アンリー監督作『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』(2012年)で

実写にしか見えなかった虎に驚いたのが記憶に新しい。

 

本作2019年製作なので、7年あまりで

出てくる動物全て違和感なくなるレベルなんだから

技術進歩が甚だしい。

 

それともジョン・ファヴローがなせる技か。

一見の価値あり。