1. TOP
  2. タイトル
  3. ラ行
  4. リミット・オブ・アサシン 死ぬまでの24時間で何をすべきか、具体的な一つの解答

リミット・オブ・アサシン 死ぬまでの24時間で何をすべきか、具体的な一つの解答

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『リミット・オブ・アサシン』(原題:24 Hours to Live)鑑賞しました。

死生観なんて語る時間はありません。

 

あらすじ

 

家族を失い、任務中に命を落とした暗殺者のトラヴィスは、組織の蘇生実験で命を吹き返す。しかし、組織はトラヴィスが手に入れた情報を聞き出すと、すぐに彼を処分しようとする。その場を逃げ延びたトラヴィスは、自分が組織に捨て駒として利用されただけだったことを悟り、自らの犯した罪と向き合い、組織のさらなる陰謀を食い止めるため復讐を誓うが、与えられた命には24時間という制限があった。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

死亡までのタイムリミットが斬新。

 

生き返るも組織の裏切りにより

自らを顧みた結果、

組織をぶっ潰すリベンジムービー。

 

装甲車から敵を迎え撃つ籠城描写もあり

アクション満載。

 

『明日死ぬと分かっていたら何する?』

といった仮定の話はよくあるが、

その問いに対して組織をぶっ潰す選択肢は、

まず思いつかない。

 

『24時間で死亡する設定のアクション映画があったら』

っていうところから企画が

スタートしていると感じるくらい

死生観の深堀りはない。

 

だって24時間しかないから。

組織のこと以外に時間なんて

使ってられないというわけで。

 

明日死ぬといった状態で行うべき事項として

新しい考え方が得られます。

 

96時間、イコライザーみたいな展開が好きなら

気に入るはず。

 

続きを匂わせる終わり方だったが

B級色が強かったから

続編は期待できないだろうな。