1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. ザ・ハント 良質な映画は、ブラムハウスという会社が作っている件

ザ・ハント 良質な映画は、ブラムハウスという会社が作っている件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ザ・ハント』(原題:The Hunt)鑑賞しました。

面白さは、作り手次第でどうにでもなる。

キャスティングなんて関係ねぇって気概を感じさせてくれる。

 

 

あらすじ

 

広大な森の中で目を覚ました12人の男女。そこがどこなのか、どうやってそこに来たのか、誰にもわからない。目の前には巨大な木箱があり、中には1匹のブタと多数の武器が収められている。すると突然、周囲に銃声が鳴り響く。何者かに命を狙われることがわかった彼らは、目の前の武器を手に取り、逃げ惑う。やがて彼らは、ネット上の噂に過ぎないと思われていた、セレブが娯楽目的で一般市民を狩る「マナーゲート」と呼ばれる“人間狩り計画”が実在することを知る。絶望的な状況の中、狩られる側の人間であるクリステルが思わぬ反撃に出たことで、事態は予想外の方向へと動き始める。そして次第にマナーゲートの全容が明らかになり……。
 

映画.comより引用

 

 


 

感想

 

展開を予想できるキャスティングは、

もはやハリウッドから無くなってきたと言っていいほど

オモシロイ映画を作ろうとする気概を

近年のハリウッド映画から感じる。

 

本作で、主人公だと思しき女性をフォーカスしつつ

容赦無く、ぶっ殺し描写に切り替わる。

彼女が主人公だと思ったでしょ?と言わんばかりの

演出に鷲掴みにされた。

 

有名な女優を起用しているが

冒頭は後ろ姿しか見せず

後半で種明かし的にお披露目のやり方も、好感。

 

作り手の工夫が随所に見られる。

 

人間狩りというキャッチーな設定、

キャスティングに関して有名な女優を抑えるところを抑え、

誰が生き残るかわからない絶妙なキャスト、

そして適度に高いクオリティ。

 

ハッピー・デス・ディ』で、

良質ホラー制作会社として

その存在を確立したと

勝手に個人的に認識した

ブラムハウス・プロダクションの存在を、再認識。

 

今後も、このような作品が世に輩出されることを

期待したい。

 

ブラムハウス、要チェック。