1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. 残酷で異常 客観的に死と向き合う方法

残酷で異常 客観的に死と向き合う方法

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『残酷で異常』(原題:Cruel & Unusual)鑑賞しました。

新しい地獄の形。救いもあり。

 

あらすじ

 

自宅のバスルームで妻に心臓マッサージを施す中年男性エドガー。しかし妻が息を吹き返すことはなく、その傍らでエドガーも意識を失う。次の瞬間、エドガーはなぜか車の運転席におり、助手席には死んだはずの妻がいた。戸惑いながらも妻と自宅に戻り食事を摂るエドガーだったが、自室のドアを開けると見知らぬ建物に迷い込んでしまう。そこでは殺人を犯した人々のグループセッションが行われており、エドガーはテレビに映った老女から、身に覚えのない妻殺しの罪を追求される。
 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

自他問わず、

人を不幸にしていると判断された輩たちが、

精神的に迫られる罰を受ける映画。

 

いわば、地獄と言えよう。

 

地獄といえば、やれ針の山だ血の釜だを

イメージするが、

 

海外の地獄がどんなものか

そういえば意識したことがなかった為、

 

自国以外の地獄の概念に

初めて触れる経験となった。

 

価値観の違いとはよく言ったモノだが、

自分が普通だと思っていることが、他人にとって異常だったりするから

この映画の内容は他人事ではない。

 

自覚するまで殺し続けないといけない世界でも

自分のしていたことが原因で、

相手を抑制していたことになかなか気づかない

主人公の描写があるように、

現実世界で、その事実に気付き

思い止まるのは容易ではない。

 

殺しや自殺が後を立たないのも

この自覚がないことが一因しているだろう。

 

この映画を観て、客観的に死と向き合えたら

世の中が少し平和になるのかもしれない。

 

 

残酷で異常