コップ・カー ジョン・ワッツが新生スパイダーマン監督に抜擢された理由

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

新生スパイダーマン監督に抜擢されたジョン・ワッツ監督。

とりあえず過去作品を観れば、抜擢された理由がわかるはず。

というわけで『コップ・カー』鑑賞です。

結論から言うと、面白くないっス。

 

パトカー盗まれた悪徳警官が、

少年2人に振り回されて

ひねりもなしに終了してしまいました。

 

BGMもなく、映画の雰囲気が暗いので

時折見せるケヴィンベーコンのドジっぽさの落差が笑けてきます。

 

少年二人がパトカーを盗んだことを

超絶後悔するくらい

完全なる悪に徹して欲しかった。

 

むしろバッドエンドで終わるくらいの勢いで。

 

少年らが報われないエンディングとか倫理に反するか。

 

結局スパイダーマン監督抜擢の理由は

下記記事によると、ジョンワッツの才能とフィルムメーカーとして可能性のようです。

http://www.cinemablend.com/new/Why-Marvel-Picked-Jon-Watts-Direct-Spider-Man-Reboot-72359.html

 

度重なるリブートに振り回されつつも

あの浮遊感を劇場で楽しめるまたとないチャンス。

 

新生スパイダーマンは、如何なものか。

良くも悪くも楽しみです。

 


No related photos.

スポンサードリンク