1. TOP
  2. タイトル
  3. カ行
  4. グッド・タイム  銀行強盗をした兄弟の末路が不憫すぎて、悶絶する

グッド・タイム  銀行強盗をした兄弟の末路が不憫すぎて、悶絶する

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『グッド・タイム』(原題:Good Time)鑑賞しました。

反面教師とすべき事案です。

 

あらすじ

 

ニューヨークの最下層で先の見えない生活を送る青年コニーと弟ニック。ある日2人は銀行強盗をしようとするが、ニックだけが逮捕され刑務所へ送られてしまう。ニックが刑務所内でいじめられ、暴れて病院へ移送されたことを知ったコニーは、弟を救うため病院へ忍び込むが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

アンカットダイヤモンドの監督作品。

 

アンカットダイヤモンドは

場当たり的な展開に

最終的にどうなるんだろうという

好奇心に駆られて見てしまうような

映画だった作品。

 

本作は、知的障害のある弟と、

その面倒を見る兄の場当たり的な展開。

弟の為にする行為が

ことごとく裏目に出て

弟のことを思って頑張っているだけに

不憫でならない。

 

自分で面倒を見ようとする気概はあるが

経済的に困難、かと言って他人は信用できない。

 

具体的な描写はないが

幼少期から2人で苦楽をともにしてきた関係なのは

明らか。

 

そんな2人が銀行強盗という選択をしたのは、

必然と言える。

 

貧困が理由で犯罪に手を染めざるを得ない社会で

第3者を頼る選択肢をしなかった兄弟の末路が

教訓めいてて、思い出すだけで悲しくなって来る。

 

反面教師とすべき事案。