セル《ネタバレ》スティーブンキング原作ということだけが売りであった件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

セル《ネタバレ》スティーブンキング原作ということだけが売りであった件 ーゴロゴロ生活ー

 

『セル』鑑賞しました。

もうゾンビネタには限界があるかもしれません。

 

あらすじ

 

コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話をかけるが、携帯のバッテリーがなくなり、通話の途中で電話が切れてしまう。その瞬間、空港内で電話をしていた人びとが次々と暴れだし、空港はパニック状態と化す。なんとか地下鉄へと逃げ込んだクレイは、車掌のトムらの協力のもと、暴徒化した人びとの攻撃から身を守りながら、妻と息子が住むニューハンプシャーを目指す。

 

映画.comより引用

 

 

感想

 

ケータイの電波によって人が暴徒化。

正常な人が見る夢に、共通の人物が登場。

その人物がコミック作家によるキャラクター。

安否が不明な息子も暴徒していたため、

夢に登場したコミックキャラクターを

途中手に入れた爆弾にて吹っ飛ばすつもりが

起爆装置だと思っていた携帯電話が

爆破のためではなく、自分も暴徒化するための最後の手段で

主人公も暴徒化し、バッドエンド。

 

これが自分の解釈。

なんじゃそりゃって感じです。

 

ジョンキューザックとサミュエルLジャクソン以外の

パーティー編成が意味不明。

 

手に入れる道具がこの映画の終盤に必要だからと錯覚するくらい

ご都合的な展開。

 

スティーブンキング原作ということだけが売りの映画。

 

 

 


jurassicworld20180715_01.JPGジュラシックワールド 炎の王国 【ネタバレ】人間に振り回される恐竜

スポンサードリンク