1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. 6アンダーグラウンド もはやアクションが芸術の領域?!

6アンダーグラウンド もはやアクションが芸術の領域?!

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

 

『6アンダーグラウンド』(原題:6 Underground)鑑賞しました。

NETFLIXオリジナル映画。マイケルベイ監督作品。

あらすじ

 

世界随一のスキルを持ち、過去を消して未来を変えたいと願っている男女6人のスペシャリストたちで結成されたクセ者チームが挑むミッションを、マイケル・ベイ十八番のド派手なカーチェイスやスリリングな銃撃戦を交えて痛快に描くアクション。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

破壊王とうたわれる監督だけあってアクション描写が凄まじい。

カーチェイスはお手のもの、人間が磁力によって宙を右往左往、

高層階からプールの水ぶちまけたり、

見ていて楽しくなる。

 

ロボットは出てこないが、トランスフォーマーと同じ系統。

トランスフォーマーの映像美はすごかった。

本作は人間がやっているから現実味がある。

 

ストーリーは二の次。

これはある種アクションというアートと思って

鑑賞すべし。

 

マイケルベイでストーリーとアクションが伴っているのは

『ザ・ロック』一択。

この映画を超える作品をマイケルベイ作品は未だ作れていない。