1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. ジュリー&ジュリア 365日良質なコンテンツ記事をブログにアップし続けた結果。

ジュリー&ジュリア 365日良質なコンテンツ記事をブログにアップし続けた結果。

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

 

『ジュリー&ジュリア』(原題:Julie & Julia)鑑賞しました。

ブログを書く人間のモチベーションアップに、最適。

 

あらすじ

 

食べることが大好きなパリ在住のアメリカ人ジュリアは、名門料理学校で習得した誰でも簡単に作れる家庭料理の本を出版し、本は大ベストセラーとなる。50年後のニューヨーク、作家になる夢をあきらめたOLのジュリーは、憧れのジュリアのレシピに挑戦し、それら全てをブログに綴ることを思いつく。
 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

2つの実話に基づくストーリー。

予備知識なく鑑賞すると、

かつて見たことない前提に興味を引かれる。

 

というのも、ジュリアの人生と

ジュリアが綴った分厚い料理本のレシピを

1年間作り続ける過程をブログに綴ったジュリーの

2構成。

 

日々の生活において

自分は何がしたいんだろうかと

考えることは、しばしばある。

 

そんな感情を抱くジュリーは

ブログを毎日365日更新することを

挑戦すること決意。

 

ブログを書くって息巻いても

忙しさを理由に更新をサボってしまいがちな

未来を予見して、自分を追い込み

具体的に期限切ったところに感心。

 

困難な料理でくじけそうになっても

更新を続けていたことが、

ブログを書いている身としては

 

毎日更新することの大変さ、

有益なコンテンツを上げ続けることの難しさを

知っているだけに、尊敬してしまう。

 

このチャレンジをきっかけに

やりたくない仕事からおさらばした事実も

後書きとしてある通り、

365日ブログを更新し続けたことで

取材を受けて新聞に載ったりと

もたらされる未来が、ものすごくリアル。

 

顔出し実名でブログを書くことの

リスクといったブログあるあるも

垣間見え、

ブログを書いている人、

これからブログを書こうとする人にとって

参考になる演出多数。

 

英語で書かれた料理本がフランスにない。

じゃあ自分で作ってしまおう。

 

世の中を変える人間は、

世の中を変えようと思って

行動しているわけでなく、

 

自分のやりたいことを

夢中にやっているだけなんだと、実感。

 

自分のやりたいことやろーぜ!

 

うだつの上がらない日々に

ただ文句を言うんじゃなくて

行動しよーぜ!

 

と、人生と言うメイン料理に

スパイスを加えてくれる映画。

 

料理だけに。