1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ 聞こえないということを知り、聞こえるということを悟る

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ 聞こえないということを知り、聞こえるということを悟る

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』(原題:Sound of Metal)鑑賞しました。

ジャケットからは、想像もつかない心理体験できます。

 

あらすじ

 

ドラマーのルーベンは恋人ルーとロックバンドを組み、トレーラーハウスでアメリカ各地を巡りながらライブに明け暮れる日々を送っていた。しかしある日、ルーベンの耳がほとんど聞こえなくなってしまう。医師から回復の見込みはないと告げられた彼は自暴自棄に陥るが、ルーに勧められ、ろう者の支援コミュニティへの参加を決意する。

 

映画.comより引用

 

 

感想

 

全国のライブハウスを巡るドラマー、ルーベンが

突然耳が聞こえなくなる一部始終を

リアルに描く。

 

耳抜きが必要な状態は

日常生活で経験したことがあろう。

 

そんな耳の状態を

音を巧みに切り替え、

 

ルーベンが

どのような聞こえ方をしているのか、

 

疑似体験できる演出が、新鮮。

 

突然耳が聞こえなくなり、

施設を紹介され入居するも

 

かつての生活との落差に

自暴自棄になるルーベン。

 

高額ゆえに

手が出ない改善方法を

身銭を切り、試みるも

 

かつての世界とは

全く異なる世界に、戸惑うルーベン。

 

サウンド表現ゆえに

ルーベンの気持ちが

容易に想像できる

感情移入してしまう。

 

その時、何ができるかを考え

短期間で実行に移す

ルーベンの行動力に、感心。

 

かつて当たり前だったことが

突然できなくなる恐怖や孤独を

自分に置き換え、

 

自分は果たして何ができるのか

考えさせられる映画。