1. TOP
  2. タイトル
  3. ラ行
  4. リチャード・ジュエル 今必要なのは、自分の確たる意見を持つこと、そして本質を見抜く洞察力

リチャード・ジュエル 今必要なのは、自分の確たる意見を持つこと、そして本質を見抜く洞察力

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『リチャード・ジュエル』(原題:Richard Jewell)鑑賞しました。

捜査当局およびマスコミが暴走するとこうなります。

 

あらすじ

 

96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

被害者を最小限に抑えることができた爆弾事件の

第一発見者が疑われてしまう不遇の史実。

 

特ダネを狙うジャーナリストの野心が

事実の裏付けも適当に、悪い形で大衆を扇動してしまうメディアに

恐怖を感じる。

 

正しいことをして容疑者扱いされるのでは、

正しいことをする人間が減ってしまう旨のセリフが、真理。

 

SNSがまだ普及していない時代での出来事で

この波及力だから、SNSが生活の一部となった今だったら

好き勝手に言及され、社会的に殺されるような事態にも

なりかねなかっただろう。

 

FBIの面子を保つ為、

真犯人が存在する事実もねじ曲げられている事実にも目を疑う。

 

情報が加速する昨今、

他に扇動されない自分の確たる意見を持つことの重要性と

マスコミやネットの情報を鵜呑みにせず、本質を見抜く洞察力が必要性を

この映画を通じて痛感。

 

弁護士役のサムロックウェルもさることながら、

ロバートジュエルの母親を演じたキャシー・ベイツの演技は

全米のどの母よりも母親らしかった。

 

自分の母親がダブって見えて困った。

 

題材は言わずもがな

脇を固めている演者が相乗して作品の質を高めている良作。

オススメ。