1. TOP
  2. タイトル
  3. マ行
  4. マイティ・ジョー ポケベル時代のゴリラに垣間見る特殊効果が侮れない件

マイティ・ジョー ポケベル時代のゴリラに垣間見る特殊効果が侮れない件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『マイティ・ジョー』(原題:Mighty Joe Young)鑑賞しました。

コレが90年代のゴリラかよ。

 

あらすじ

 

アフリカ奥地の小さな村。ジル(シャリーズ・セロン)は母親の動物学者ルースが密猟者に殺された後、彼女が身を挺して守ったゴリラのジョーと姉弟のように育った。事件以来12年、ジルは美しい女性に成長し、ジョーは体長5メートルの巨体となり、村の守護神として崇められる存在となっていた。そんなジョーに再び密猟者の魔の手がのびる。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

1トンのデカいゴリラが普通にスクリーンにいた。

90年代の映画とは思えない映像クオリティ。

 

ジュラシックパーク、T2しかりどうやって撮影したんだろうって

思うヤツ。

 

本作は1949年の『猿人ジョー・ヤング』を、

ディズニーが最新SFXでリメイクした作品で公開は1999年。

 

すげーなディズニー。

 

シャーリーズセロン目的で鑑賞したにもかかわらず、

ゴリラばっかり気になった。

 

のちのゴリラ映画は

ピータージャクソン監督が1933年の『キング・コング』を

最新鋭の視覚効果でリメイクしたのが2005年。

同年アカデミー賞で視覚効果賞を獲得したが、

本作がその礎を担っていたに違いない。

 

ポケベルの時代に

ゴリラが少年を助ける一部始終が目撃されて与える社会の影響と

 

SNSが普及している今の時代で与える影響は、

雲泥の差。

今だったら相当なお金が集まって

もっといいトコ住めるんだろーなとか

思ったりした。

 

Disney+で何気なく鑑賞したが

古くても、面白い映画は面白いと改めて痛感。

 

今は亡きビル・パクストンが若い若い。