1. TOP
  2. タイトル
  3. ア行
  4. エスケープ・ルーム 何番煎じでもええやん、擦り切った演出でも面白いモノは面白い件

エスケープ・ルーム 何番煎じでもええやん、擦り切った演出でも面白いモノは面白い件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage
 

『エスケープ・ルーム』(原題:Escape Room)鑑賞しました。

似たような映画はあれど、面白く作れるか否かは作り手側の腕次第。

本作は、その成功例。

 

 

あらすじ

 

謎の送り主からの招待状に応じて賞金1万ドルの懸かった体験型脱出ゲームに参加することになった、内気な理系女子大生ゾーイ、冴えないフリーターのベン、元陸軍兵士のアマンダ、裕福な投資家ジェイソン、中年のトラック運転手マイケル、ゲーム愛好家のダニー。6人がシカゴの高層ビルに集まると、外界から隔絶された部屋に閉じ込められ、何の前触れもなく突然ゲームがスタートする。
 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

脱出できたら1億円。

見ず知らずの6人が挑む脱出ゲーム。

 

映画『CUBE』を彷彿とさせるような演出が

懐かしくて

久々にゲーム感覚で楽しめる映画に満足。

 

キャスティングによって

展開が読めてしまう映画は数知れないが、

 

無名なキャストゆえに

誰が犠牲になるかわからない点が、好感。

 

ただ作品の面白さを追求する

製作陣の気概を感じる。

 

脱出ゲームの人選が

無作為のようで無作為でないのは

わかり切っており、

それを予想するのもまた楽しい。

 

映画冒頭にて、部屋の仕掛けを

編集によってイントロダクション的に

見せることで、

鑑賞側を一気に作品に引きつけるやり方が、妙味。

 

鑑賞側も一緒に謎を解くような

演出はないが、次はどんな部屋なのか、

ワクワクが止まらない。

 

主催者側のネタバレのインパクトはイマイチだが、

それまでの過程が楽し過ぎて気にならない。

 

火あぶり、氷づけ、当事者だったら最悪だが、

客観的なゲーム映画鑑賞は最高。