1. TOP
  2. タイトル
  3. ア行
  4. アリー スター誕生 限界を自分で決めるとその程度の結果しか得られない件

アリー スター誕生 限界を自分で決めるとその程度の結果しか得られない件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『アリー スター誕生』(原題:A Star Is Born)鑑賞しました。

成功するために、必要な思考が垣間見えます。

 

あらすじ

 

音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリーは、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んでいくが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

自らの価値を決めつけ、

場末のバーをステージと女性シンガーを

偶然バーに現れた有名人が、その才能を見出す。

 

大成には、時として運が必要。

 

いつの間にか立場が逆転。

自分のキャリアと夫、どちらを優先されるかで

後者に重きを置いたアリーに対して

取った夫の行動がいろいろ許せねぇ。

 

アリー同様怒り爆発よ。

 

アカデミー賞主題歌賞を受賞した『shallow』が

やたらラジオで流れていて印象に残っていた歌を

劇中で、映像見ながら実際聴くと、感動。

 

ガガ様ももちろん歌ってるし、

ライヴ映像目当て鑑賞するのもアリ。

 

ブラッドリークーパーは

ギターを弾けなかったっていうから

驚き。

 

人間本気になったら、いろいろ出来ちゃうんだよ。

出来ないのはやらないだけ。

 

本作にて、自分に自信がなかったアリーが

ステージに引っ張り出されて、意を決するシーンがあります。

 

映画グリーンブックにて

人種差別の風潮がはびこるアメリカ南部であえてコンサートツアーをする

黒人ジャズピアニストがこう言います。

 

才能だけでは十分じゃないんだ。勇気が人の心を変える。

 

スケールは違えど、同じ類のこと。

 

自分で限界決めちゃあ、成功はないって

人生の教訓めいたものを感じる映画だった。