スパイダーバース ストーリーで楽しめなくてもビジュアルで楽しめる件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『スパイダーバース』(原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse)鑑賞しました。

スパイダーマンってこんなにいたこと初めて知りました。

  

あらすじ

 

ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレス。実は彼はスパイダーマンでもあるのだが、まだその力をうまくコントロールできずにいた。そんな中、何者かによって時空が歪めらる事態が発生。それにより、全く異なる次元で活躍するさまざまなスパイダーマンたちがマイルスの世界に集まる。そこで長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーと出会ったマイルスは、ピーターの指導の下で一人前のスパイダーマンになるための特訓を開始する。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

馴染みのないスパイダーマンたちが出現し、

原作を知ってたらもっと楽しめたと感じる。

 

とはいえ、アニメーションの色彩が豊かで画になるカットが多く、

ストーリーで楽しめなくても

ビジュアル視点で鑑賞するという見方もあり。

 

声優を起用した吹替版キャスティングに拍手。

芸能人を起用しなくても、

声優の方々の知名度で成り立つ時代になってきたことが嬉しい。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク