ランペイジ 巨獣大乱闘 ドウェインジョンソンも負けじとゴリラだった件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

ンペイジ 巨獣大乱闘 ドウェインジョンソンも負けじとゴリラだった件 ーゴロゴロ生活ー

 

『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:Rampage)鑑賞しました。

ドウェインジョンソンもゴリラでした。

  

あらすじ

 

最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、なんと普通の動物たちが突如進化し始める!
ゴリラ、オオカミ、ワニなどが猛烈に巨大化し、凶暴化してしまう。
ヤツらの成長はとどまることを知らず、もはやクソデカい巨獣と化し、陸・海・空おかまいなしに街で破壊の限りを尽くす大乱闘をおっぱじめる!
シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?
生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人間たちに、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?

オフィシャルより引用

 

 

感想

 

色素欠乏のゴリラ『ジョージ』と霊長類学者デイビスとの

バディアクションムービーといったところ。

 

手話で意思疎通を図っているあたり

もう人間といっても言い過ぎではないでしょう。

 

とある組織の研究の失敗が発端で、巻き込まれた動物が巨大化。

組織が事態を収束するために取った手段によって、都市部にその巨大動物が集結します。

 

まぁストーリーはあってないようなもの。

 

ウォーキングデッドのニーガンでおなじみのジェフリーディーンモーガンも

衣装が違ってもニーガンにしか見えないし。

 

もはや大きくなった動物の格闘を鑑賞して楽しむ映画です。

大きい動物の中で、小さいドウェインジョンソンの奮闘が見られます。

 

どんだけ腕太いんだよ。

その様はまさに人間界のゴリラです。

 

 


No related photos.

スポンサードリンク