プリズナーズ 行方不明の娘のためにした父親の超えてはならない一線とは

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

プリズナーズ 行方不明の娘のためにした父親の超えてはならない一線とは ーゴロゴロ生活ー

 

『プリズナーズ』鑑賞しました。

ブレードランナー2049の監督で地位に確たるものにしたドュニ・ヴィルヌーブ監督作。

納得の一本です。以下、ネタバレ含みます。

  

娘が行方不明になった父親が、容疑者として浮上した人物に対して

行った超えてはならない一線。

 

それは監禁・拷問です。

 

無事に帰ってくるのであれば

子供を持つ父親なら、この方法は致し方ないかと。

 

しかしながら、何の情報も引き出せず

ヒュー・ジャックマンの拷問を受け続ける容疑者が

気の毒にさえ思える。

 

倫理とは何か、ダイレクトに訴えかけてくる。

 

先の読めぬ展開に終始息を飲みました。

 

ヒュー・ジャックマンもさることながら、

刑事役のジェイクギレンホールの渋い演技にも注目。

 

必見。

 

 

 

 

プリズナーズ

 


No related photos.

スポンサードリンク