ジョン・ウィック チャプター2 前作よりも劣ってしまったシリーズ物の悪いパターン

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

ジョン・ウィック チャプター2 前作よりも劣ってしまったシリーズ物の悪いパターン

 

『ジョン・ウィック チャプター2』鑑賞しました。

前作よりも新鮮味がなくなってしまった感が否めません。

  

前作の直後から話が始まりますが、

血の約束みたいなので、世界中の殺し屋から狙われます。

 

前作は犬ぶっ殺されたから、殺しますって

きっかけとのギャップが良かった感じたのに、

2作目は、組織のしがらみとか関わってきちゃって

普通の殺しが派手なアクション映画に成り下がってしまった感じです。

 

シリーズ物の悪いパターン。

 

内容とは関係無いけど、

『アトミック・ブロンド』のデイビット・リーチ監督のジムに通い

シャーリーズ・セロンとスパリングしてたとか聞きましたが、

劇中お腹がボテっとしてたのが、

意図的なのかそうじゃないのか気になってしまった。

 

 

ジョン・ウィック チャプター2


ジョン・ウィック ジャパンプレミアでキアヌリーヴスの背の高さを認識した件

スポンサードリンク