1. TOP
  2. タイトル
  3. サ行
  4. ジョジョ・ラビット タイカ・ワイティティ監督がいよいよな段階に入っている件

ジョジョ・ラビット タイカ・ワイティティ監督がいよいよな段階に入っている件

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ジョジョ・ラビット』(原題:Jojo Rabbit)鑑賞しました。

戦時中であっても、少年の感情に国境はないんじゃなかろうか。

 

あらすじ

 

第2次世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョは、空想上の友だちであるアドルフの助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で、立派な兵士になるために奮闘する毎日を送っていた。しかし、訓練でウサギを殺すことができなかったジョジョは、教官から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかいの対象となってしまう。母親とふたりで暮らすジョジョは、ある日家の片隅に隠された小さな部屋に誰かがいることに気づいてしまう。それは母親がこっそりと匿っていたユダヤ人の少女だった。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

ユダヤ人かどうかなんて見た目ではわからないっていう

具体的な演出でもって、

人種偏見が、いかに意味をなしていないかを突きつけてくる。

 

かといって、シリアスな展開ではなく、

少年目線で

心の話し相手ヒトラーとの掛け合いを差し込み

コミカルに描かれている。

 

森永卓郎に似た友達との交流も、個人的にツボ。

 

10歳の男の子の素直さ、従順さ、ずる賢さ、悲哀に

鑑賞する方が情緒崩壊。

 

アベンジャーズでおなじみスカーレットヨハンソン、

スリービルボードでアカデミー賞を受賞したサム・ロックウェルが

脇を固める盤石な布陣。

 

サムが演じる教官のクレツェンドルフ大尉役の役どころに注目して欲しい。

随所に見せる大尉の行動に、感情を揺さぶられるはず。

 

マイティ・ソーバトルロイヤルにて

成功を収めているタイカ・ワイティティ監督。

 

本作でも、その手腕をいかんなく発揮。

 

新スターウォーズ監督抜擢とかいうニュースも報道されたりしてるし

この監督、天才なんじゃねーかな。