1. TOP
  2. タイトル
  3. タ行
  4. ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 製作側と鑑賞側の思いが、果てしなくすれ違う事案

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 製作側と鑑賞側の思いが、果てしなくすれ違う事案

|

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 
NewImage

 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』鑑賞しました。

ビアンカとフローラ、どっちを選択するとか言ってる次元じゃねーぞ。

 

あらすじ

 

少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと旅を続けていた。しかし、道中での魔物たちとの激闘により、パパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。パパスの遺志を受け継ぎ、冒険へと旅立つ。次々と立ちはだかる試練の数々、ビアンカとフローラをめぐる究極の選択など、リュカの壮大な冒険が描かれる。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

賛否は分かれているとは知っていたモノの

いざ実際にその展開を目の当たりにし、

 

なぜこの構成を採用したのか、

スクエニが何故許可を出したのか

甚だ理解が及ばない。

 

憤りに近い感情を抱いた。

 

製作陣のエゴを押し付けられ

私を含め当時ドラクエ5を好んでプレイし、

その懐かしさでワクドキして悶絶しながら

鑑賞していた人間の心を

容赦無く踏みにじる最悪な事案。

 

劇場で鑑賞しなかったことを

これほど良かったと思う作品は

後にも先にも、存在しない。

 

とはいえ、オーク、ゴーレム、ギガンテスなど

当時夢中になって倒したモンスターが

CGアニメーションで

リアルに動いている様は、感動。

 

パパスを死に追いやったモンスター2体が

登場した時は、当時の喪失感が

一気に蘇ってきた。

 

普通にゲームのシナリオをなぞったラストを

作り直すことを、願って止まない。

 

2度目の鑑賞はない作品。