ワールドウォーZ ジャパンプレミア レポート

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

 

2013年8月10日(土)公開

『ワールド・ウォー・Z』

ジャパンプレミアイベントに参加してきました。

 

ブラッドピットさん、マークフォースター監督、そして吹替えを担当している

篠原涼子さんの舞台挨拶つき上映です(*_*)

 

なんやアンジェリーナジョリーも登壇した様子のレッドカーペットイベントは、

サインやら写真やらのグリーティングしかできないわけで、

 

それはそれで、うらやましいけど
映画はみたいという気持ちから、ジャパンプレミアをいつも選択します。

 

レッドカーペットイベントの模様が中継されてたりするし、イベント感は、味わえますよ。

 

その中継で、『Good evening』を日本語でなんと言うのかと、

アンジーが篠原涼子さんに質問したところ、篠原さんは、『お会いできて光栄です』と答えて、

司会者に『たぶん、こんばんわだと思います』とフォローされていて、

篠原さんの新たな一面を垣間見られたのが、思わぬ収穫でした(((^_^;)

 

 

 

さて、ブラッドピットさんは、マネーボール以来、1年4ヶ月ぶりの来日ということです。

 

私はマネーボールのそれにも参加してるので、1年4ヶ月ぶりのブラピです。

 

そんなブラピの舞台挨拶は、戸田奈津子通訳のもと、

『この夏、もっともクールでスリリングな映画』だと、

製作プロデュースも兼任するこの映画をプッシュする淡々とした内容の

15分も掛からないくらいの短いものでした。

 

篠原涼子さんとプロデューサーの女性が壇上から降りる際に、

手をさしのべてエスコートしていたブラッドピットさんの気遣いが印象的でした。

 

このようなことができるのは素敵だと思います。欧米人がやると、

さまになるわけで、日本人がやったら弱冠気持ち悪いッスよ。

 

さて、久々のパニックムービー、大画面の迫力も相まって非常に楽しみました。

 

ゾンビが速いこと速いこと。

 

もし仮に、あんな状況下になったとしたら、真っ先に食われる自信があると私は思いました。

手に汗に握る展開に、ひさしぶりに映画を楽しんだ一時でした。

 

みなさんも、ぜひジャパンプレミアに参加してみてください。

 

 


ダークナイトライジング ジャパンプレミア レポート
ダイハード ラスト・デイ ジャパンプレミア キャンセル!?
アウトレイジ ビヨンド ジャパンプレミア 行ってきました

スポンサードリンク