宇宙兄弟#0 ブライアンとエディの声が渋くてたまらない件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです。

 

宇宙兄弟#0 ブライアンとエディの声が渋くてたまらない件 ゴロゴロ生活

 

宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)を

一足先に鑑賞してきました。

 

文字通り1話に繋がるストーリー。

宇宙飛行士ブライアン・J が物語の中核を担ってます。

 

主人公:南波六太(なんばむった)とその弟であり宇宙飛行士である日々人(ひびと)の

兄弟の物語。

 

『兄とは常に弟の先を行っていなければならない。』

という意識だけが先行し、どんどん先を行く日々人に

劣等感を抱く六太。

 

テレビアニメ放映開始2012年。

いつかみていた夢も、現実の世界では希薄となり

日々悶々と生きることに疑問を抱いてはいたが

なかなか一歩を踏み出せないでいた六太が

宇宙飛行士への夢を追いかけ始める姿に

毎週感動していたものです。

 

幼い頃、自分が抱いていた夢ってなんだったけ?

と、ふと考えさせられたものです。

 

今回の映画は『勇気』という言葉がキーワード。

劇中で、その勇気にまつわる様々なエピソードが語られています。

 

宇宙飛行士という職業を身近に感じさせてくれるこの『宇宙兄弟』でありますが、

宇宙ではなくとも、勇気を持って臨むことで開ける道もあると

感じさせられました。

 

鑑賞した人が自分のフィールドで一歩踏み出す足がかりとも

なりうる作品に仕上がっていると思います。

 

原作を読んでいる・アニメを見ていた人ならば言うまでもなく

#0から入っても楽しめる仕様です。

むしろ先を見返したくなる内容でした。

 

 

その他、日々人の飼い犬APO(アポ)の生誕エピソードも語られたりと

原作を読んでいる・アニメを見ていた人なら『あっ!』となる場面がちらほらあって

楽しめますよ。

 

 

そんな自分の感想はもとより

ブライアン・Jとエディ・Jの声が渋くて大好きです。

 

大塚明夫(おおつかあきお)さんと有本欽隆(ありもときんりゅう)さん

 

 

大塚さんといったら個人的に『Fate/Zero』のライダー。

 

 

有本さんは名前は聞いたことなかったんですが、

 

PSYCHO-PASS』の征陸智己とわかって、納得。

 

 

渋みのある声を堪能できる作品と思うのは私だけ?。

 

 

宇宙兄弟#0は、2014年8月9日(土)公開。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク