タリーと私の秘密の時間 所帯を持つ男性への警鐘

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『タリーと私の秘密の時間』(原題:Tully)鑑賞しました。

子育てにお父さんの協力がないと、えらいことになります。

 

  

あらすじ

 

仕事に家事に育児にと何でも完璧にこなしてきたマーロだったが、3人目の子どもが生まれて疲れ果ててしまう。そんなマーロのもとに、夜だけのベビーシッターとしてタリーという若い女性がやってくる。自由奔放でイマドキな女子のタリーだったが、仕事は完璧で、悩みも解決してくれ、マーロはそんなタリーと絆を深めることで次第に元の輝きを取り戻していく。タリーは夜明け前には必ず帰ってしまい、自分の身の上を語らないのだが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

タリーが現れてから明らかに良い方向へ心情の変化が見られる。

本作のネタバレとなる要素が、

こういった子育てのシーンでも起こりうる現象だということに驚いた。

 

一つの側面からしか捉えていなかったこの現象を

違った角度からのアプローチにより認識が改まった。

 

子育てに、夫の協力がないということをよく聞くが

まさにそれに当てはまるケースが客観的に見られる。

心当たりのある男性は、鑑賞後子育てに協力的になるに違いない。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク