ザ・ウォーカー 1冊の本に対する認識に文化の違いを感じた件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

1冊の本に対する認識に文化の違いを感じた件 ーゴロゴロ生活ー

 

『ザ・ウォーカー』鑑賞しました。

設定の肝となる1冊の本の認識があまりにも違いすぎました。

以下、ネタバレです。

  

文明が崩壊。

紫外線が視力を奪い、水が貴重で、生きるだけでもしんどい世界。

 

1冊の本を携えひたすら西へ向かうデンゼルワシントン。

 

その1冊の本が世を導くと悟っているゲイリーオールドマン。

 

その本はというと『聖書』なわけで、

奇跡的に発見したその本を強奪するも、

点字だったことに愕然するゲイリーオールドマン。

 

実はデンゼルワシントンは、目が見えなかったのでした。

旅すること30年。

その月日が、空での暗唱を可能とさせ文字として起こさせ

聖書作成完了。

 

、とまぁこんな感じの118分。

 

この映画の肝となる『聖書』に馴染みがないため

世紀末の設定から、その本をめぐるため彼らの苦労も

あまり共感できず。

 

文化の違いを感じられた作品。

 

 

 

ザ・ウォーカー

 


No related photos.

スポンサードリンク