ボストン・ストロング アメリカってこういう国だよねってことがわかる映画

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』(原題:Stronger)鑑賞しました。

アメリカがいっぱい。
  

あらすじ

 

ボストンで暮らしていたジェフ・ボーマンは、元恋人エリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するボストンマラソンの応援に駆けつけるが、ゴール地点付近で発生した爆弾テロに巻き込まれ、両脚を失う大ケガを負ってしまう。意識を取り戻したボーマンは警察に協力し、ボーマンの証言をもとに犯人が特定されると一躍ヒーローとして脚光を浴びるが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

 

感想

実話です。

 

爆弾テロに巻き込まれ両足を失った人物が、犯人逮捕に貢献し、

英雄扱いされてます。

 

ホッケーの試合で大観衆の前で国旗を振ったり、始球式やったり。

 

勇気をもらったと言われる一方で、バーで喧嘩ふっかけられる。

 

会社の上司がいい人だったり、

 

本人は英雄扱いされることに消極的なのに

社会復帰のきっかけとなればと、有名人とのインタビューを本人了承なく受けて

パーティーでネタにする母ちゃんがいたり。

 

アメリカの縮図を垣間見ました。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク