スカイスクレイパー クライマックスを予告で流し過ぎちゃった感あり

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいち

 

NewImage

 

『スカイスクレイパー』(原題:Skyscraper)鑑賞しました。

筋肉モリモリパパが、ピャーんとビルに飛び映る映画です。

  

あらすじ

 

かつてFBIの人質救出部隊のリーダーとして活躍していたウィルは、ある事件で左脚が義足になる大怪我を負い辞職するが、それから10年を経た今は、愛する家族も得て、危機管理コンサルタントとして働いていた。香港に建設された高さ3500フィート(1066メートル)の史上最大のビル「ザ・パール」の本格開業に向け、ビルのオーナーのジャオから安全管理のチェックを任されたウィルは、家族を伴ってザ・パールに滞在するが、ビルに隠されたある秘密を狙う犯罪組織もまた、ザ・パールに侵入しており……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

冒頭シーンを伏線とする展開などもあり

構成がしっかりしていたが

タワーに飛び移るクライマックスが予告で散々流れすぎていて

そのシーンを見たら割と満足してしまった。

 

セントラル・インテリジェンスと

同じ監督(ローソン・マーシャル・サーバー)ということで

コメディタッチな路線のこっちの方が好き。

 

本作は、筋肉モリモリのかっこいいパパ。

そんなドウェインジョンソンを見たいなら、

パパが家族のために頑張りますので、ご覧ください。

 

ちなみにママは、スクリームのネーヴ・キャンベル。

ひっさしぶりに見た。

 

 


No related photos.

スポンサードリンク