search サーチ 映画の面白さは、キャストに左右されない件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『search サーチ』(原題:Searching)鑑賞しました。

サスペンスの醍醐味を濃縮した作品でした。

 

あらすじ

16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過する。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知らないマーゴットの姿が映し出されていた。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

有名な俳優だから、展開に絡んでくるだろうなぁとかそういう見方ができない、

かつこの手のサスペンスものにありがち展開もハマらない。

 

サスペンスの醍醐味を堪能できる作品だった。

 

お父さんのアカウントなりすまし手口に、ヒヤッとしたり

宣伝通りPC上の展開は新鮮。

 

今までの展開を無視した全く予想できない人物が容疑者として

あげられてからの怒涛の展開に、してやられました。

 

『映画の面白さは、キャストに左右されない』ことを体現している映画です。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク