パッセンジャー ヒューマンドラマとして鑑賞すべき映画

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

パッセンジャー ヒューマンドラマとして鑑賞すべき映画

 

『パッセンジャー』鑑賞しました。

冬眠装置で眠り続けていたエンジニアのジムと作家のオーロラだけが

予定よりも90年近く早く目覚めてしまう理由は?

こんな宣伝文句に踊らされ深読みすると損します。

以下、ネタバレです。

  

早く目覚めてしまう理由は、『機械の故障』です。

エンジニアのジムと作家のオーロラが同じタイミングで目覚めるみたいな

印象を受けるけど、蓋を開けてみると

 

機械の故障で起きたエンジニアのジムが、孤独に耐えかねて

理想のタイプという理由だけで、作家のオーロラ意図的に目覚めさせて

その事実を伏せて共同生活。

 

とある日にそれがバレて、すったもんだ。

 

管理人ローレンス・フィッシュバーンが起きてきて

権限ゲット。

 

ジムを目覚めさせた機械の故障を発端として

船体全体が危機的状況に。

 

その事態を救うべく二人が立ち上がり、解決。

死んでしまった管理人のカプセルあるけど

戻る?…戻らない。

 

なんのこっちゃ。

 

人工知能の陰謀だの予想して鑑賞してしまい

こんな内容に裏切れらた感しかない。

 

宣伝文句に踊らされてはいけないと思える一本。

 

 

 

パッセンジャー

 


No related photos.

スポンサードリンク