恋とニュースのつくり方  貫禄のハリソンと美しさのレイチェル

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『恋とニュースのつくり方』鑑賞しました。

ハリソンフォードだから成せる貫禄です。

 落ち目の番組の再起を掛けて、

ハリソンフォード演じるベテランキャスターを起用。

 

このセリフは言わない。

料理などしない。

締めの挨拶は譲らず、

ダイアンキートン演じる共同ホストとも衝突。

 

彼の高すぎるプライドにより、

再起はおろか存続も危ぶまれるほど、様々な困難を強いられる。

 

この映画の教訓は、

高すぎるプライドは目標実現の弊害になり、

生き残るには、時代や状況の変化に対して柔軟に順応できる姿勢が必要

と受け取る。

 

今なお第一線で活躍し続けるハリソンフォードの積み上げたキャリアが

貫禄となって滲み出ており、演技だけでは表現できない存在感を発揮していた。

ハマリ役。

 

レイチェルマクアダムスの美しさは言うまでもない。

 

 

 

恋とニュースのつくり方

 


No related photos.

スポンサードリンク