ミッションインポッシブル ローグネイション イーサン・ハントがやることをやりたいわけじゃない件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

ミッションインポッシブル ローグネイション イーサン・ハントがやることをやりたいわけじゃない件 ゴロゴロ生活

 

遅ればせながら『ミッションインポッシブル ローグネイション』鑑賞しました。

トムクルーズのスタントが毎回話題になるシリーズですが、

イーサン・ハントがやることをやりたいわけじゃないらしいです。

以下、ネタバレ含みます。

 

 

地上約1,524メートルの高さを時速400キロで飛ぶ軍用飛行機の

ドア外部に身一つでしがみつくというトムの超絶スタントシーンは

映画が始まってものの数分もしない冒頭からお目見え。

 

そんなこんなスタントを要するアクションもストーリーの中で

イーサンはやりたくてやってるわけではないという

シリーズを通したルールがあるそうです。

 

イーサンはものすごいことをやってのけるけど、向こう見ずで衝動的なわけじゃないし、スーパーヒーローではないんだ。イーサンがやるクレイジーなことを“やらなくてはいけない”状況を作り出すことが大事。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ができるまで!監督・キャストを直撃より抜粋。

 

監督もこのように語っています。

2作目はスーパーヒーロー感を否めない印象ですが、

それ以外の作品は、監督が語るような場面が伺える気がします。

 

本作でもその様子が垣間見られるシーンがあったように思います。

あるものを手に入れるために、水中で3分間作業をしなければならない状況が

発生し、ベンジーにイーサンならできるでしょ?と

無茶ぶりさせられるシーン。

その無茶ぶりに対して、イーサンはやりたくないけど

やらなくてはいけない状況に追いやられてます。

 

このような描写があると

鑑賞する側も「イーサンハントも人間なんだ」と親近感が持てて

応援したくなってしまいますね。

 

そんなイーサン以外に本作で活躍する人物がいます。

第3作目から登場するサイモンペッグ扮する『ベンジー』です。

 

上述のイーサンへの無茶ぶりもそうですが、

ベンジーの言動によって、この映画では笑いの要素も含まれるようになってきており

アクションももちろんなのですが、ベンジーとイーサンの関係も注目すべき点であると

思います。

 

 

6作目も決定しているようで、今後もトムさんには

お世話になりそうです。

 

 


No related photos.

スポンサードリンク