マンチェスター・バイ・ザ・シー こんだけ絶望だとあとは上がるだけ

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

マンチェスター・バイ・ザ・シー こんだけ絶望だとあとは上がるだけ

 

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』鑑賞しました。

絶望と向き合い、一歩踏み出す映画でした。

ネタバレ含みます。

  

自身の不注意で自宅が火事になり娘二人を亡くし、離婚。

この一件以来心を閉ざした主人公リー・チェンドラー。

演じるは、ケイシー・アフレック。

 

兄が病死。甥であるパトリックの後見人として指名されるも

その事実を事前に知らされておらず、戸惑いながらも甥を引き取る。

 

高校生の甥も父親の死を平然と装うも精神的にも不安定な状態。

 

収入もままならない状況の中で

葬儀埋葬のことで甥の希望も叶えらない。

 

不安定な二人が過去現実と折り合いをつけながら

小さいながらも着実に前に進んでいく様子が共感できる。

 

現実で起こりうる出来事に自分がこの状況だったらとどうするか、

考えさせられ

お金があるに越したことないと正直に思う一本。

 

起こった出来事と歩み始まるその一歩の比重が

あまりにもかけ離れすぎていて

あまり晴れやかな気持ちになれない。

 

 

マンチェスター・バイ・ザ・シー


No related photos.

スポンサードリンク