「I am Iron Man.」は、ロバート・ダウニー・Jrのアドリブだった件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

Ironman20180724

 

アイアンマンの最後のセリフは

ロバート・ダウニー・Jrのアドリブが採用されたと、

マーベル社長ケビン・ファイギが明らかにしています。

  

マーベルシネマティックユニバース(以下、MCU)の最初の作品となる『アイアンマン』が

コメディとアクションの融合、ポストクレジットの伏線など、

今のMCU全体のトーンを確立する流れを作り、

ロバート・ダウニー・Jrの即興を引き出したとしています。

 

原作では、公にはアイアンマンはトニースタークのボディガードの位置付けであり

「I am Iron Man.」というロバートの即興よりも、原作に沿ったテイクを

採用しようとしていたことを明らかにし、

 

チャレンジすることの重要性と

そのチャレンジが、いかにしてMCUに勢いをもたらしたかを

マーベル社長ケビン・ファイギはDeadlineのインタビューにて語っています。

 

MCUの成功が、原作の忠実性とその精神のバランスを保ったまま

勢いに乗れたし、原作と異なることを恐れず採用できた。

 

作品がよくなるならば

キャラクター性を揺るがすイチかバチかのチャレンジだって我々は行う。

トニーの例は原作にはないことだけど、原作のキャラクター性を汲む結果となった。

 

ロバートダウニーjrのアドリブが、MCUの全作品にインスピレーションをもたらしてくれたと思う。

原作の採用される部分と原作にはない部分、ファンはその両方を我々に期待しているよ。

 

 

以上、「I am Iron Man.」が今のMCUを土台になっている話でした。

ちくしょう、アイアンマンが観たくなった。

 

 

記事引用元:http://www.syfy.com/syfywire/kevin-feige-reflects-on-how-one-ad-lib-in-iron-man-set-the-tone-for-the-mcu

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク