ホビット 竜に奪われた王国 感想:カンバーバッチ感をもう少し!

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

 

カンバーバッチが竜役ということで

「ホビット 竜に奪われた王国」

鑑賞してきました。

 

ロード・オブ・ザ・リングの時も

そうでしたけど、この冒険的な世界感にいつも

興奮させられます。

 

一作目の時は、ビルボ役の俳優が正直何者かわからなくて

あまり劇場で鑑賞するまで至らなかったんですけど、

レンタルリリースされてから

一作目を鑑賞した時、劇場で見とけばよかったなと

正直思いました。

 

そしてスタートレックを鑑賞して

カンバーバッチを知りました。

その流れでシャーロックを観てマーティンフリーマンを

知りました。

 

あれ?ホビットの人かと。

 

そして今回ホビット2作目。

竜の役でカンバーバッチが出るということで

シャーロックコンビ再来ってことで

非常に興味をそそられました。

 

映画を鑑賞し終えて、

カンバーバッチの印象を

結論から申し上げると

もう少し地声がわかるようにしてほしかったかと。

 

ちょっと竜っぽくするために

修正入れられてました。

 

まぁ存在感は言うことなかったですけど。

 

三部作目は『ゆきて帰りし物語』は全米公開は2014年12月。

ということは日本公開は2015年!?待てない。

正直あのラストで続きが気にならないわけがない。

 

3時間を長いと感じさせないこの映画。

みなさんもぜひ。

 

 

ホビット竜に奪われた王国オフィシャルページ

 

 

 


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]

 


No related photos.

スポンサードリンク