グリーンブック 中年ドライバーの行動に目が離せない件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『グリーンブック』鑑賞しました。

中年ドライバーの成長の記録といっても過言ではない。

 

あらすじ

 

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

教養のないドライバーと、教養のある黒人ジャズピアニストが互いに足りない部分を

補い合っていく様を、ユーモラスに描いており満足。

 

人種差別に立ち向かう黒人ジャズピアニストの勇気は言わずもがなだが、

 

中年ドライバーが、稚拙な文章ではあるが頑張って奥さんに手紙を書く様が

小学生のそれに見えて愛嬌があったり、

 

フライドチキンを手で食うだの食わないだので揉めたり、

露店で拾った商品を、石と称してパクって説教されたりと

 

この中年ドライバーの行動に目が離せない。

面白すぎる。

 

お互いにないものを補いあう点では、『最強のふたり』

人種差別に立ち向かう点では、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

を彷彿とさせた。

 

作品の満足度に、笑いの要素はやはり不可欠。

おすすめ。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク