ゲットアウト 予算掛けないでも面白い映画は作れるという手本を示している件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ゲットアウト』鑑賞しました。

黒人の監督じゃないと作れない映画です。

以下、ネタバレ含みます。

 彼女の実家に訪れることになった主人公クリス。

父親は外科医、母親はセラピスト。

黒人の使用人、パーティー参列者は、白人ばかりと、

違和感を隠せない。

 

喫煙の習慣があるクリスは、催眠によりその習慣を強制されるも

そのコミュニティの手中に落ちる。

 

黒人をターゲットとする人身売買をしている家族。

長女が身体能力に富む黒人を狙い家に招き、

母親が催眠にかけ、外科医の父親が脳を移植。

意識はそのままで黒人の体を手にいれるといった具合。

 

黒人の使用人はこの方法で体を手にいれた

おじいちゃんおばあちゃんだった。

 

クリスはこの一家から難を逃れることができるのか。

 

 

NewImage

 

本作を監督したのは、アフリカ系アメリカ人を父親とするジョーダンピール。

人種差別甚だしい内容だけに、黒人じゃない監督だったら大炎上でしょう。

 

ストーリー展開を左右するケータイカメラの設定が

うまく活かされているなぁ、と感心。

 

外部との接触を遮断される中、

クリスの親友が奮闘ぶりも作品にユーモアをもたらして

良い調和をもたらしている。

 

製作資金がなくても、アイデア次第で結果は出るという

教科書的映画。

 

 

 

ゲットアウト

 


No related photos.

スポンサードリンク