デトロイト 権力の行使は今でも起こりうることを肝に銘じたい件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『デトロイト』鑑賞しました。

権力行使の誤った例。これが実話であることを忘れてはならない。

 

あらすじ

 

67年、夏のミシガン州デトロイト。権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、暴動が発生。3日目の夜、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルの一室から銃声が響く。デトロイト市警やミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊たちが、ピストルの捜索、押収のためモーテルに押しかけ、数人の白人警官が捜査手順を無視し、宿泊客たちを脅迫。誰彼構わずに自白を強要する不当な強制尋問を展開していく。

 

映画.comより引用

 

感想

 

ハート・ロッカーといい、ゼロ・ダーク・サーティといい

キャスリン・ビグロー監督作品は

映画という媒体を通じて投げかけられるメッセージ性の強さが半端ないと

いつも思う。

 

1967年デトロイトにてこのような事件があったことを

恥ずかしながら知らなかったし、

裁判で不当な取り調べをした警官が無罪となるという

やるせない結末も、心に重くのしかかる。

 

しかし、もやっとするも鑑賞した後、観てよかったと思わせるあたり

キャスリン・ビグロー監督の手腕の高さを感じる。

 

この事実をあったことを忘れてはいけないし、

繰り返してはいけない。

 

それにしてもウィル・ポールター

演技が、小憎たらしすぎて印象的。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク