クリード 炎の宿敵 タオル投げる投げないの伏線回収に好感

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『クリード 炎の宿敵』(原題:Creed2)鑑賞しました。

  

あらすじ

 

「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

もはや知らない人はいないとも言える

ボクシング映画ロッキーシリーズ。

 

対ドラコ戦で命を落としたアドニスクリードの父アポロのセコンドについていた

ロッキーがタオルを投げなかったロッキー4の設定が伏線となっていた本作。

 

対戦前から勝敗が見えている試合でロッキーはセコンドにつくことを拒否。

そして再戦。ロッキーはタオルを投げる投げないで葛藤するかと思いきや、

思わぬ展開。

 

過去作の登場人物や人間関係を駆使して、ここまで熱い映画が作れるとは。

やり尽くした感があってもアイデア次第で、なんとかなるんだなと、実感。

 

良作。

 

 


No related photos.

スポンサードリンク