クラウン 新生スパイダーマン監督ジョン・ワッツの手がけるホラーとは

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

不動産業を営む主人公が担当する物件の地下に置いてあった

ピエロの衣装を着てしまったことで巻き起こる悲劇。

新生スパイダーマン監督ジョン・ワッツのデビュー作品。

マーベル社長ジョス・ウィドンが惚れ込む才能は如何なものか。

以下、ネタバレ含みます。

 

ピエロの衣装は悪魔で、着た人に取り付く、

その呪いを解くには

子供を5人生贄とするか、首をはねるかの二択。

 

自分の意思と反して、4人を殺める形になり

最後の2択に迫られる妻。

 

妻の選択やいかに。

 

ピエロに対して恐怖の感情を植え付けられたのは、

スティーブン・キングの『IT』のせいであることは間違いないと、

個人的に思っている。

 

取り憑かれて悪魔になっていく様が

『第9地区』の虫化していくそれを彷彿とさせる。

 

取り憑かれて自我をだんだん失っていく描写がリアル。

 

ピエロの衣装を管理していた兄弟の

弟(ピーター・ストーメア)が衣装を着てしまって

兄が子供を5人生贄にしていたという設定の絡みもあり

話がうまくまとめられていたのが印象的。

 

有名な俳優女優を起用しなくても

成立する映画の典型。

コップ・カーより断然こっちの方が好き。

 

 

 

クラウン

 


No related photos.

スポンサードリンク