バンブルビー 図体デカイ小動物、こんなの見たことなかった件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『バンブルビー』(原題:Bumblebee)鑑賞しました。

トランスフォーマーにもう飽きたと思っている人に見て欲しい。

 

あらすじ

 

シリーズ1作目の主人公サムとバンブルビーが出会う以前の1980年代を舞台に、バンブルビーと人間の少女チャーリーの交流と友情、彼らに待ち受ける予想外の運命を描く。父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

記憶をなくし、声も失う設定で、

借りてきた猫のようなロボットと、少女の交流。

 

ドラマ色が強く、

これでもかってくらいのCG映像美先行で

ストーリー置いてけぼりの従来のトランスフォーマーシリーズとは

一線を画している。

 

シリーズ3作をなかったことにしてリブートとかわけわからんことをしていた

トランスフォーマーシリーズにはもううんざりとか

思ってスルーするのは、もったいない1本。

 

 

 


No related photos.

スポンサードリンク