バード・ボックス 音は立てちゃいけない映画とは異なる件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『バード・ボックス』(原題:Bird Box)鑑賞しました。

クワイエットプレイスと同じと思ったら裏切られます。

 

  

あらすじ

 

未曾有の異変に襲われ、人類の滅亡も迫る極限状態の中で、幼い命を守ろうとする主人公の決死の姿を描く。思いがけず子どもを身ごもったマロリーは、ある日突然訪れた世界の終焉と人類滅亡の危機に直面する。謎の異変が次々と起こる中、生き残るためにできることは、決して「それ」を見ないということだけ。幼い命を守るため、マロリーは目隠しをして逃避行に出る。

 

映画.comより引用

 

 

 

感想

 

NetFlixオリジナル映画。

 

〇〇してはいけない。最近よく聞く設定。

 

最近だと音を立てたらいけない設定の映画

 

 

『クワイエット・プレイス』を思い起こさせる。

 

本作は見てはいけない。

クワイエットプレイスを見た人は、嫌でも同じようなことを期待してしまうが

その見方をすると裏切られます。

 

最後まで何を見たらいけないのかの描写がなく

モヤッとする。

クリーチャーでも登場させた方がよほどスッキリするのに。

 

目が見えない人の気持ちを伝える映画と思ってみるべし。

 

 


No related photos.

スポンサードリンク