ホース・ソルジャー 馬は目的地までの移動手段だった件

 

ども、ゴロゴロ生活ぱんいちです(+_+)☆

 

NewImage

 

『ホース・ソルジャー』(原題:12 Strong)鑑賞しました。

勘違いしてました。馬に乗って戦ってません。

 

あらすじ

 

2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、しかも彼らは米兵の命に高額の懸賞金をかけていた。さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される──。

オフィシャルより引用

 

 

感想

 

ホースソルジャーという邦題より

馬に乗って戦うことをイメージさせますが、

移動手段が馬しかなかったということでした。

 

米同時多発テロ翌日の2001年9月12日、

わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、

テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧する任務。

 

慣れない土地で、

現地の兵士と行動を共にする。

しかも、乗ったことない馬で移動。

 

悪条件の中12人が生還できるかヒヤヒヤものでした。

 

極秘任務ということで、

今まで語られることがなかった事実。

 

その事実を公開できる時期に差し掛かったということが

感慨深い。

 

映画ゆえに誇張される部分があるとはいえ

エンドクレジット直前に映される実際の12人の写真に勝る

説得力は存在せず。

 

実話に基づく映画は往々にして存在するが

映画を通じてこのような事実を知れるのは勉強になる。

 

9.11翌日の知られざる事実。

興味がある方は、ぜひ。

 

 


No related photos.

スポンサードリンク